歯みがきの仕方

いやいや期の仕上げ磨きどうしたらいい?歯科衛生士が実践しているコツを伝授

赤ちゃんの頃は意外と嫌がらずにさせてくれていた仕上げ磨きも2歳くらいから始まるいやいや期には全くさせてくれなくなってきます。

 

もちろん我が家の子供たちもご多分に漏れず仕上げ磨きイヤーと全然させてくれませんでした。

 

現在も幼稚園に通っている一番下の息子はまだまだいやいや期真っ最中で、毎日いろいろなことに苦労しております。

 

でも最初の息子に比べると、母も進化したもので、どのように対処すればいやいや期の仕上げ磨きを乗り切れるか段々コツがわかってきたんです。

 

これは歯科衛生士がとかあまり関係ないような気もしますが、3人の息子を仕上げ磨きしてきた歯科衛生士ママのコツを少しでも伝授したいと思います。

子どもがなぜ嫌がっているかを見極めよう!歯磨きが嫌なのかどうかがポイント

2歳ころから始まるいやいや期ですが、歯磨きを嫌がる理由として

  1. 本当に歯磨きが嫌な場合
  2. 歯磨きが嫌なのではなくあまのじゃく的なことで嫌な場合

の2種類があります。

 

②の場合は割と簡単に対処できるのですが、厄介なのは①の場合です。

本当に歯磨きが嫌な場合の対処方法

本当に歯磨きが嫌な場合の最大の理由に、過去の仕上げ磨きの時に痛かったというトラウマが関係しています。

 

赤ちゃんの頃の仕上げ磨きで痛かったり、楽しいものでなかった場合、自己主張ができるようになる2歳くらいから、仕上げ磨きを断固拒否しだします。

 

こうなってしまうと仕上げ磨きをすんなりさせてくれるようになるまでにはかなりの忍耐が必要になってきてしまいます。

 

歯磨きが嫌になっちゃった子には好きになってもらうしかない

私も長男の時は本当にいろいろな事を試しました。

 

例えば、

  • アンパンマンやしまじろうの絵本を読んでから磨く
  • 歯磨きの歌を歌いながら歯磨きする
  • YouTubeを見せながら歯磨きをする
  • 歯磨きができるパペットを使って一緒にする
  • 褒めまくりながら磨く
  • 鏡で磨いているところを見せながら磨く

 

実際これらの方法も何回かはうまくいきました。でも毎回うまくいくかというとこれが一筋縄ではいかないんですよね。

 

結局のところ本人が歯磨きをしたいと思わせないといけない!私がたどり着いた結論です。

 

では、どうすれば歯磨きをしたいと思うようにさせられるのか。

 

最初は、歯ブラシを色々試してみました。薬局で子供の好きなキャラクターの歯ブラシを買ってあげたりして自分で選んだ歯ブラシなら喜んでさせてくれるかなーと思ってみたり。

 

そして私が最終的にたどり着いたのが、子供が美味しいと感じる歯磨き粉を使ってみることでした。

 

でも、美味しい歯磨き粉って子供は飲み込んじゃうんですよ。

 

ですので、美味しい歯磨き粉+添加物の入ってない安全で飲み込んでもいい歯磨き粉を探しました。

 

現在市販の歯磨き粉にはほとんどの歯磨き粉に添加物が山のように入っています。

 

詳しくはこちらに書いています。

ソルビット液(=ソルビトール)とは?子ども用歯磨き粉に入ってて毒性はない?

無水ケイ酸とは?子ども用歯磨き粉の研磨剤には毒性がある?

 

歯磨き粉の中の添加物をみると絶対に子供に使いたくなくなります。

 

でも、添加物が一切入ってなくて、飲み込んでもOKでしかもおいしい歯磨き粉を見つけました。

 

それが歯磨き粉の「ブリアン」です。

ブリアンについてはこちらの記事に詳しく書いています

いやいや期の子供の歯磨きにおすすめ!ブリアン歯みがき粉

 

とりあえず今仕上げ磨きにてこずっているならぜひ試してみて下さい。

 

今なら60日間は無料で試せるんで、やってみるだけでも価値があると思いますよ。

歯磨きが嫌なのではなくあまのじゃく的なことで嫌な場合の対処法

この場合はそれほど難しくありません。

 

ただ単にお母さんの気を引きたいだけですから、歯磨きしないーって逃げる場合は、

 

「あっそう?歯磨きしないの?いいよーじゃあママだけしようっと」

みたいな感じで突き放して下さい。

 

兄弟がいるならお兄ちゃんやお姉ちゃんの歯磨きを楽しそうにしたり、パパの歯磨きをママがしてもいいかもしれません。

 

なんせ、ほかの人が楽しそうに歯磨きしていると絶対自分もするーってなりますから。

 

そこで無理やりやろうとすると余計にあまのじゃくになってしまいますので、しないならいいよーのスタンスが効果的です。

 

2日から3日磨かなくてもすぐに虫歯になるわけではありませんから、根気よく誘っては突き放すを繰り返すようにすると、だんだん歯磨きさせてくれるようになってきます。

 

その時美味しい歯磨き粉のブリアンを使えばより効果的です。

結論:仕上げ磨きは無理にせずに子供自身が歯磨きがしたくなるように仕向けるのが近道

歯磨きが嫌いになってしまった子供も、ただ単にあまのじゃくで歯磨きしない子供も、どっちにしろ歯磨きが大好きになってしまえばこちらのものです。

 

結局歯磨きを好きになってもらうには、歯磨きが楽しくてうれしいことではなくてはいけません。

 

美味しい歯磨き粉が使えるというだけでこれほど子供の食いつきがよくなるのかと、実感したのはブリアンのおかげです。

 

しかも飲み込んでも大丈夫なのは本当に安心ですし、さらにお口の中の善玉菌が増えるのであれば一石二鳥です。

 

一度試してみてくださいね。

 

RELATED POST
歯みがきの仕方

ぐらぐらの歯が痛い!生え変わりの時期の仕上げ磨きどうすればいい?

2019-05-25
子供の虫歯かけこみ寺|虫歯を予防するための歯みがき粉や歯みがき方法を紹介
歯が生え変わり始めると、乳歯の根っこは永久歯に吸収されグラグラしてきます。 痛みがなくそのまま自然に抜ける場合もありますが、ほとんどの …
歯みがきの仕方

赤ちゃんの歯磨きを始めるタイミングは歯が生えたらが正解、最初はガーゼでやさしく

2019-06-11
子供の虫歯かけこみ寺|虫歯を予防するための歯みがき粉や歯みがき方法を紹介
離乳食を始めると、赤ちゃんの歯磨きをいつのタイミングから始めたらいいか心配になりますよね。 赤ちゃんの仕上げ磨きを始めるタイミ …
歯ブラシの話

仕上げ磨きにもおすすめ!子供用電動歯ブラシを紹介

2019-06-07
子供の虫歯かけこみ寺|虫歯を予防するための歯みがき粉や歯みがき方法を紹介
歯磨きの時間を大幅に短くすることができる「電動歯ブラシ」なんですが、最近では子供用の電動歯ブラシもたくさん発売されています。 電動歯ブ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です