MENU
むし歯ができる原因

風邪で歯が痛くなった⁈虫歯ではない歯の痛み4つの原因と症状!

歯が痛くなって、歯医者さんに行っても
『歯は特に異常ないです』といわれた経験はないですか?

ズキズキ痛みはあるのに歯は異常なしとはどういうこと⁈
歯医者さんの見間違いじゃない⁈

そう思いますよね・・・。

しかし、風邪をひくと頭痛や発熱、鼻水が出たりと症状が出てくるのと同じように。歯に痛みを感じることもあるのです。

虫歯で痛んでいるのではいのに歯が痛くなった時の原因と対処法を詳しく解説します!

風邪をひいて歯が痛くなる4つの原因


風邪をひいたときに、歯も痛く感じる・・・という時は4つの原因が考えられます。

その原因について詳しく解説します!

副鼻腔炎になっている

副鼻腔炎とは、副鼻腔の内面をおおっている組織の炎症のことです。

・頭痛がする
・歩いたり走ったりするとひびく
・お辞儀をして痛む
・目の奥のほうや鼻の横当たりに圧迫感がある
・鼻から嫌なにおいがする

などの症状がある場合は、副鼻腔炎の可能性が高いです。
上の歯の臼歯部(奥歯)は、この副鼻腔と隣接していて、人によっては副鼻腔に歯の根っこが突き出している場合があります。

風邪をひいてしまうと本来は空洞であるはずの副鼻腔に鼻水などの粘液が溜まってしまい、奥歯の神経を刺激してしまうことがあるのです。
その結果、歯が痛いような感覚になってしまうのです。

つまり、歯自体に何の問題もなくても副鼻腔の炎症が歯の根っこに伝わってしまい、痛みを感じてしまうのです。

歯周病になっている

歯周病とは、歯と歯肉にある溝(歯周ポケット)に歯周病菌が感染して、歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かしていってしまう病気です。

歯周病は細菌感染症なので、体の免疫力が落ちると症状が悪化します。

重度の歯周病の場合では白血球などの免疫細胞も歯周病菌と戦っているので風邪をひいて免疫力が落ちると歯茎や歯の痛みが増してしまうのです。

歯の根っこの先が悪い(根尖病巣がある)

歯の根っこの先の付近にできる病気の総称を混戦病巣と呼びます。

虫歯がひどくなって神経まで達すると痛みはなくなります。そのままにしておくと根っこの中で感染が起こってしまい、根っこの先に膿の袋ができてしまします。
歯の根っこに膿が溜まるということは、何らかの病気が歯の根っこ生じて、炎症が起こっているということです。

炎症が起こると、白血球などの免疫細胞が、体の中に入り込んだ細菌を排除しようとします。
このときに戦った白血球や細菌の残骸が、歯根の先に膿として溜まってしまうためです。

根尖病巣が原因で副鼻腔炎になった場合は最悪歯を抜かないといけない時もあるので、放っておかずに早めに歯医者さんに行きましょう。

親知らずが生えている(智歯歯周炎)

智歯とは親知らずの歯のことです。
退化傾向にある親知らずですが、今の時代は顎が小さい人が多いためにまっすぐに生える顎のスペースがなく傾いて生えてきたり、横向きに生えたりとまっすぐに生えてきにくくなっています。
歯は骨に対して垂直に生えてくるので顎が小さいとなかなかまっすぐに生えてこないのです。

そうなると、歯が歪んでいるので歯ブラシがうまく当たらなかったり、磨き残しがでてしまい歯茎に炎症が起きてしまいます。
風邪をひいて体の抵抗力が落ちると、そういう部分は腫れやすくなって痛みがでてしまうのです。

副鼻腔炎虫歯が原因で歯が痛んでいるときの症状の特徴


風邪が原因で歯がいたくなる理由は上記に書いた通り、様々ありますが、痛みの症状はどれも似ています。
症状の特徴を詳しく説明します。

痛みがあるのは短期間だけ

風邪が原因の場合の痛みの症状は、多くの場合だいたい2~3日でなくなります。
なぜかといと、副鼻腔炎自体の症状が2~3日で落ち着くからです。

以前から虫歯の症状はなく、風邪をひいたときに初めて痛みを感じたときは2,3日様子をみてまずは風邪の症状を治すほうを優先にしても良いでしょう。

我慢できないくらいの痛みだったり、何日も痛みが続くようであれば歯医者さんに行きましょう。

痛い歯がどの歯が特定できない

風邪が原因で歯に痛みを感じている場合は、1本の特定の歯だけが痛むのではなく、この辺・・・的な感じで広範囲に痛みを感じます。
そもそも副鼻腔炎が原因なので、その影響も広範囲に現れてしまうのです。

基本的に虫歯はこの歯が痛い!と特定できるので、風邪による痛みなのか虫歯による痛みなのかを見分けるポイントになります。

症状はさまざま

副鼻腔炎による歯の痛みの症状は、人によって感じ方も様々あり、ズキズキ痛むだけと断定できません。

何もしていない時に痛みを感じたり、歩いたときに響くような痛みをかんじたり・・・
また、歯だけではなく歯茎に痛みを感じたり、歯が浮いたような感じがしたり・・・

このように症状は様々ですので、自分で判断せず歯医者さん見てもらいましょう!

まとめ:虫歯じゃなくてもいろんな理由で歯が痛くなることはある!

虫歯じゃなくても歯が痛くなる理由について、

・副鼻腔炎になっていること
・歯周病になっていること
・根尖病巣があること
・智歯歯周炎になっていること

4つの原因について説明しました。

そのほかにも、風邪をひいているときはなかなか歯磨きを入念にはできないと思うので、風邪の症状が少し治まったときにしっかり歯磨きを行うようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です