むし歯ができる原因

乳歯の虫歯治療は何歳からできる?どんな治療をするの?

乳歯は生後6か月頃から生え始めます。
大切な我が子の歯をもし虫歯にさせてしまったら、一体何歳くらいから治療はできるのでしょうか?

1歳でも治療ってできるの?

一般的に、歯科医院では3歳ごろから歯の治療を開始することが多いです。

急を要する場合(痛みがひどくて我慢できない場合)や腫れがひどい場合以外は、基本的にフッ素や虫歯の進行止めのお薬を塗って様子を見ます。
そして、バキューム(口に溜まった水を吸う機械)を口に入れる練習をしたり、口の中でお水を溜める練習をしたりします。

それを何回か繰り返すと、いざ治療するときに上手にできるようになるのです。

1番やってはいけないことは(急を要する場合以外)、押さえつけたり無理やり子供に治療させることです。

押さえつけてしてしまうと、歯医者さんは怖くて痛い・・・と思い込んでしまって自分からお口を開けてくれなくなってしまうのです。
虫歯が大きくなってしまって、痛みがあるなどの急を要する時以外は、3歳以下の子供の場合は練習から始めます。

では、虫歯になったらどんな治療をするのでしょうか?
症状別に説明します。

症状別、乳歯の治療方法

C0(虫歯になりかけ)の場合

まだエナメル質にのみ虫歯がある状態(脱灰)の場合は歯を削ったりしません。

歯は削らずに再石灰化を期待したいので、フッ素塗布を行います。
そして虫歯になった原因を改善できるように、生活習慣などの見直しをします。

C1~C2(軽度の虫歯)の場合

インターネットより引用

コンポジットレジン充填という治療を行います。

歯を削って、接着剤を塗ってレジンを充填して光で固めます。1回で治療は終わります。

C3中程度の虫歯の場合

インターネットより引用

冷たいものがしみる程度の虫歯です。

歯を削って型どりをします。
後日できあがってきた詰め物を専用の接着剤で歯にくっつけます。

C4(重度の虫歯)の場合

インターネットより引用

これだけの虫歯になると、最悪の場合歯を抜かないといけなくなる場合があります。
治療できる場合は、根っこの治療をしてから型どりをして歯を被せます。
これは、永久歯でも同じことが言えるのですが、神経を抜くと、歯がもろくなってしまうのできちんと噛めるように金属で被せるのです。

子供を歯医者に連れていく時に気を付けるべき4つのポイント!

1、子供に嘘をつかない

例えば、買い物に行こうと言って歯医者に連れていったり、歯医者さんで治療しないといけないのに「今日はみるだけだから」と子供に伝えたり・・・。

すると子供は言っていることと違う!だまされた!!っと思い込んでしまいます。
そうなると、本当に必要な治療をしないといけないときでも、子供が不信感を抱いてしまいなかなか治療が進まなくなってしまう可能性があります。

きちんと、歯医者さんで治療することや、痛みがもしかするとあるかもしれないことなど、正確に正直に子供に伝えることがお互いの信頼関係につながるので、嘘はつかずに正直に話しましょう。

2、怖いものを歯医者さんにしない

子供が言うことを聞かなかったり悪いことをしたときに、「歯医者さんに連れて行くよ!痛いことしてもらうよ!!」など、歯医者さん=怖いものという印象を植え付けないようにしましょう。

小さいころからお父さんやお母さんに歯医者さんは怖いものとして言われると、いざ虫歯になって歯医者さんに行かないといけなくなった時に我慢して痛くないと我慢してしまったりするので、決して怖いところというイメージはもたせないようにしましょう。

3、子供の生活スタイルを考える

親の都合ではなく、なるべく子供の生活スタイルのペースに合わせた時間に歯医者さんに連れて行くようにしましょう。

いつもはお昼寝をしている時間なのに、急に歯医者さんに連れていかれたら子供も戸惑ってしまい、余計なぐずりを誘発させてしまったりします。

なるべく子供のペースに合わせた時間に歯医者さんに行くようにしましょう。

4、子供ができなくても怒らない

なんでできないの!!っと怒られると余計に緊張してしまい嫌な思いだけが残ってしまいます。

親としてはせっかく歯医者さんに来たんだから治療させたい気持ちはあると思いますが、急を要していない場合は、しっかりと子供に寄り添い、嫌がってできなくてもじゃあ次は頑張ろう!くらいの気持ちで接するようにしましょう。

まとめ:治療は3歳から。虫歯の度合いによって治療方法は違う

言葉の意味が分かり、自分で分かるようになるのがだいたい3歳くらいと言われています。
なぜ歯を治療しないといけないのか、理解できるようになるのがこの年齢頃なのです。

なので、実際に歯を削ったり詰めたりできるのは3歳くらいから始めている歯科医院が多いです。

虫歯の進行の程度によって治療方法も変わるので、虫歯ができたらなるべく早くに歯医者さんに歯を見てもらい、治してもらいましょう!

RELATED POST
むし歯ができる原因

虫歯になるのは体質?|原因の虫歯菌が「遺伝」するって本当⁈

2019-05-18
子供の虫歯かけこみ寺|虫歯を予防するための歯みがき粉や歯みがき方法を紹介
お母さん又はお父さんが虫歯が多いとその子供の歯も虫歯が多いことがよくあります。 虫歯になりやすい体質のせい? 虫歯になりやすい家系だ …
むし歯ができる原因

虫歯の原因を分かりやすく解説!唾液の役割と深い関係があった?!

2019-06-10
子供の虫歯かけこみ寺|虫歯を予防するための歯みがき粉や歯みがき方法を紹介
日本人の役9割は虫歯になった経験があると言われています。 なぜ、虫歯になってしまうのでしょうか? まず虫歯は、口の中に虫歯菌(ミュー …
むし歯ができる原因

生え変わる乳歯の虫歯を放置するとどうなる?正しくフロスを使って虫歯の原因を除去しよう!

2019-06-04
子供の虫歯かけこみ寺|虫歯を予防するための歯みがき粉や歯みがき方法を紹介
乳歯はおおよそ6か月頃から生え始めて、2歳6ヶ月頃に生えそろいます。 そして5,6歳頃から生え変わりが始まるのですが、 と考えていま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です